シミウス 成分

シミウスの成分は?どんな効果が期待できるの?

シミウス

 

シミウスはシミケア、エイジングケアにいいと話題になっていますが、具体的にどんな作用があるのか気になるところですね。

 

シミウスの成分を細かく調べてみると、整肌、シミケア、保湿などに優れた成分がたっぷり配合されているのがよく分かります。

 

有効成分をはじめ、シミウスの美容成分を細かくみてみましょう。

 

シミウス公式サイトで成分を確認する

 

 

シミウス全成分

【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス

 

【その他の成分】
精製水、1.3-ブチレングリコール、濃グリセリン、プロピレングリコール、1.2-ペンタンジオール、水溶性コラーゲン液、シコンエキス、サクラ葉抽出液、ヒアルロン酸ナトリウム、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス、トウキンセンカエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、カリボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体、水酸化カリウム、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青1、赤106、香料

 

 

有効成分とは、厚生労働省から効果効能を認められた成分のことです。

 

シミウスは有効成分が配合された「医薬部外品」に分類されます。簡単にいうと、化粧品と医薬品の中間カテゴリが「医薬部外品」になります。

 

医薬部外品は、有効成分を規定量配合することで、肌への効果効能をうたうことができます。

 

 

シミウスの有効成分

 

シミウス成分

 

グリチルリチン酸ジカリウム

 

抗炎症作用、抗アレルギー作用があり、「肌の炎症改善」「肌荒れの改善」に効果的な成分です。ニキビケア化粧品をはじめ、いろいろなスキンケア商品に配合されています。

 

 

プラセンタエキス

 

血行をよくすることでターンオーバーを促進し、メラニンを含んだ古い角質を輩出される作用や、メラニン色素の元になるチロシナーゼを抑制する作用があります。プラセンタエキスはいろいろな効果が期待できますが、注目したいのは「血行促進」「代謝促進」です。

 

 

シミウスには、この2つの有効成分が配合されていることで、下記のような効果効能が期待できます。

 

  • 肌荒れ改善
  • メラニンの生成を抑える
  • しみ、そばかすを防ぐ
  • 肌を健やかに保つ
  • 肌にうるおいを与える

 

 

注目は「シコンエキス」

 

シミウス

 

シコンエキスといえば「美魔女」です!

 

テレビ番組に登場した美魔女が、紫根を使った化粧水でスキンケアをしていると放送され、それ以来シコンエキスが注目されるようになりました。

 

55歳の美魔女はどうみても30代にしか見えなかったことからも、エイジングケアといえばシコンエキスを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 

見た目年齢を若返らせてくれるシコンエキスは、シミウスにも主要成分として配合されています。

 

ターンオーバーを促進したり、血行を改善するなど、加齢でおとろえた肌やくすみがちな肌には効果的な成分です。

 

 

 

天然由来エキスがたっぷり!透明感のある美肌に

 

シミウス 成分

 

シコンエキス以外にも、シミウスには天然由来の植物エキスがたっぷり配合されています。

 

保湿、ハリ、キメ、毛穴引き締めなど、透明感のある美肌づくりに効果的な成分ばかりです。

 

  • ヒアルロン酸
  • サクラ抽出液
  • アルニカエキス
  • シナノエキス
  • スギナエキス
  • オトギリソウエキス
  • セージエキス
  • ゼニアオイエキス
  • トウセンカエキス

 

 

乾燥する季節でも保湿が物足りないということもないですし、肌の調子がよくなるのも贅沢な天然成分のおかげかも知れません。

 

それに天然由来のエキスが多く配合されていると、肌にやさしい感じがしますよね。

 

シミウス公式サイトで成分を確認する

 

 

最近はエイジングケアに効果的な「フラバンジェノール」が配合された「シミトリー」という美白オールインワンジェルが話題になっています。

 

美白はもちろんのこと、しわや毛穴などのエイジングケアに効果的という口コミも多いので、シミトリーも注目したいと思います。

 

 

ファンデーションを念入りに塗っても際立ってしまう老化による毛穴の開きやたるみには…。

 

シミを消したいと思ったら美白化粧品を利用しますが、それ以上に必要なのが血流を促すことです。お風呂にのんびり浸かるなどして体内の血行をスムーズにし、有害物質を取り除きましょう。
これまで何もお手入れしてこなければ、40代を超えたあたりから徐々にしわが出てくるのは至極当然のことでしょう。シミができるのを抑えるには、毎日の精進が重要となります。
美白化粧品を活用して肌をお手入れしていくのは、確かに美肌作りに高い効果効能が期待できるのですが、そちらに注力する前に日焼けを防ぐ紫外線対策をばっちり実行することが重要です。
コンシーラーやファンデーションなどの化粧品を使用すれば、ニキビからくる色素沈着もあっという間に隠すこともできるのですが、本当の美肌になりたいのであれば、初めから作らないよう意識することが大切なポイントだと言えます。
一日に補給したい水分量の目安はだいたい1.5L〜2Lとされています。我々人間の体は約70%以上が水で占められていますから、水分が足りないとすぐさま乾燥肌に思い悩むようになってしまうようです。
すてきな美肌を手に入れるのに大切なのは、日常のスキンケアばかりではありません。きれいな素肌を手にするために、栄養いっぱいの食事を摂取するよう心がけましょう。
ファンデーションを念入りに塗っても際立ってしまう老化による毛穴の開きやたるみには、収れん化粧水と書かれている毛穴をきゅっと引き締める効果が期待できる化粧品を活用すると効果的です。
お風呂の際にタオルを使用して肌を力任せに洗うと、皮膚膜が減ってしまって肌の内部に含有されていた水分が失われてしまう可能性があります。お風呂で体を洗浄するときは、乾燥肌とは無縁でいるためにも穏やかに擦るとよいでしょう。
もしニキビができてしまった際は、何はともあれたっぷりの休息をとるよう心がけましょう。短期間で肌トラブルを起こす方は、日々のライフスタイルを見直してみましょう。
年齢を重ねるにつれて増加してしまうしわのケアには、マッサージをするのが効果的です。1日数分のみでも正しい方法で表情筋トレーニングを実施して鍛えていけば、肌を手堅く引き上げられます。
乾燥肌体質の人は、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり含まれているリキッドファンデを塗付すれば、ある程度の時間が経ってもメイクが崩れず整った見た目をキープできます。
スッピンでいた日に関しても、皮膚の表面には黒ずんだ過酸化脂質や大量の汗やゴミなどがひっついているため、入念に洗顔を行って、頑固な毛穴の黒ずみなどを洗い流しましょう。
便秘症になってしまうと、老廃物を出すことができなくなって、そのまま体の内部に滞留することになるため、血液に乗って老廃物が体中を巡り、多種多様な肌荒れを引き起こす要因となります。
これまでそんなに目立たなかった毛穴の黒ずみが気になるようになってきた時は、肌の弛緩が進んできた証拠と言えます。リフトアップマッサージに取り組んで、肌のたるみをケアすべきです。
毛穴から出てくる皮脂が多いからと、念入りに洗顔をやりすぎてしまうと、皮膚を守るために欠かすことができない皮脂も一緒に取り除いてしまい、むしろ毛穴が汚れやすくなってしまいます。

 

 

通年降り注ぐ紫外線は肌の弾力を低下させ…。

 

厄介なニキビが発生した際に、きっちりケアをしないで放っておいたりすると、跡が残った状態で色素沈着して、その範囲にシミができてしまうことがあるので注意が必要です。
頭皮マッサージをていねいに行うと頭部の血行が改善されるため、抜け毛であったり切れ毛を食い止めることができると同時に、顔のしわが生じるのを食い止める効果までもたらされるとのことです。
ダイエットのしすぎは慢性的な栄養失調に陥るので、肌トラブルの原因となります。痩身と美肌作りを両立させたいなら、過度な摂食などをやらないで、適度な運動でシェイプアップしましょう。
輝きをもった雪のような美肌を手に入れるためには、美白化粧品任せのスキンケアを続けるだけでなく、食生活や睡眠、運動量などの点を徐々に改善することが大事です。
入浴する時にタオルで肌をゴシゴシこすると、皮膚膜がすり減って肌の中の水分が失せてしまうのです。入浴した際に体を洗浄する場合は、乾燥肌を回避するためにもゆっくりと擦ることが大切です。
一般人対象の化粧品を塗布すると、赤みが出たりピリピリして痛みを覚えるという場合は、肌に刺激を与えない敏感肌用の基礎化粧品を使いましょう。
年齢を重ねていくと、どうあがいても発生するのがシミだと言えます。しかし辛抱強く確実にケアしていけば、悩ましいシミも薄くしていくことができるでしょう。
高栄養の食事や十二分な睡眠を取るようにするなど、毎日のライフスタイルの改善は最も費用対効果が高く、間違いなく効き目が感じられるスキンケアです。
通年降り注ぐ紫外線は肌の弾力を低下させ、シミ・しわを作り出す元になるゆえ、それらを予防してハリのある肌を保持するためにも、サンスクリーン剤を利用するべきだと思います。
コンシーラーやファンデーションなどのコスメを使用すれば、目立つニキビの痕跡もきっちりカバーすることができますが、正当な素肌美人になりたい人は、初めからニキビを作らないようにすることが重要です。
便秘がちになってしまうと、老廃物を体の外に排出することが不可能になり、腸の内部に多量に溜まってしまうので、血流に乗って老廃物が体中を駆け巡り、ニキビや腫れなどの肌荒れを引き起こすわけです。
透明感のある白い肌を手に入れたいなら、高価な美白化粧品にお金を使うよりも、日焼けを避けるために万全に紫外線対策をするべきです。
重篤な乾燥肌のさらに先にあるのがよく耳にする敏感肌なのです。肌が傷んできてしまうと、回復させるためにはちょっと時間はかかりますが、真摯に現状と向き合って修復させるようにしましょう。
敏感肌の人は、問題なく利用できる基礎化粧品を探すまでが大変とされています。そうであってもケアをしなければ、さらに肌荒れが悪化するおそれがあるので、我慢強く探してみましょう。
常態的に血行不良の人は、39度前後のぬるま湯で半身浴を実施するようにして血行を促しましょう。体内の血の巡りがスムーズになれば、肌の代謝も活発化するのでシミ予防にも有効です。